膝痛の曲げると痛みが出る原因・対処法ついて|未病リハビリセンターハレル諸岡店|

膝の知識について

 

こんにちは

未病リハビリセンターハレル 諸岡店の川畑です♪

 

今回は

【膝痛の曲げると痛みが出る原因・対処法ついて】

についてお話ししていきたいと思います。

 

目次

1.膝を曲げると痛いのはなんで?原因について

2.膝を曲げるときの痛みの対処法について

3.まとめ

4.当院紹介

 

膝を曲げると痛いのはなんで?原因について

 

膝を曲げた時に痛むのには単純な理由なのですが、これです。

”膝関節が正常な位置からずれて動作をしている”という事が原因です。

ではなぜ?膝関節が正常な位置からずれてしまうのか?というと

膝がグラグラした状態を止めようとしているのです。

 

あなたは関節がグラグラしているのをイメージできますか?

関節がグラグラしていると

実はこれ”脳にとって恐怖”なのです。

関節が不安定=脱臼・ズレというような情報が脳に入ってきます。

 

関節はその不安定さを止めようとするために、

筋肉の力を使って関節を動かないようにしてしまいます。

 

 

しかし

立ち上がりや座り込んむような動作の時に関節が動か位ないと不便ですよね。

 

そのため、固定のために働いている筋肉はちょっとずつ筋肉を緩めていき動作を行えるようにします。

 

しかし!!

不安定になるのを恐れて膝周囲に無駄な力が入っていることで

正常な関節運動を行うための関節位置から膝関節をずらしてしまい、

膝の痛みが発症してしまうのです。

 

これが膝を曲げた時のげ原因となります。

ちなみに…

膝を曲げたり伸ばしたりする際に、

膝の中がなにやら”ゴリッ”ってって音がするのは

関節が密着して安心したいけど動きが加わる事で

関節内の圧が高まりすぎて、軟骨や組織が圧迫されながら、擦れてしまうことで

このような”ゴリッ”とするような音が鳴るのです。

豆知識まで。

 

 

膝を曲げるときの痛みの対処法について

 

膝を曲げた時の痛みの対処法としては

膝裏に手を当ててしゃがみこみの動作をしてみてください。

 

いかがですか?

 

痛くないのでは?

痛みがなくなった人はやっぱり”膝関節がずれていた”ことが原因。

 

膝を正常な位置からずらしてしまう阻害因子をあなたの手で除去してあげていることで

動作が円滑になったり、痛みが軽減するのです。

 

まとめ

膝を曲げとた時の痛みは

膝関節周囲の筋肉に無駄な力が入り、

膝関節の正常な動きを邪魔してしまうことにより

痛みが発生している。

 

対処法3つ

膝の裏に手を当てて動作をする

 

以上!!

 

 

それでは今日はこのあたりで

んじゃ。

======================================

未病リハビリセンター ハレル 諸岡店

住所:福岡県福岡市博多区諸岡3丁目6−15 KSJビル 3階
TEL:092−586−6523

副院長 川畑僚汰

 

こちらからも健康情報を配信していますので、ご興味ある方はどうぞ♪

↑↑↑

これタップまたはクリックすると、

未病リハビリセンターハレル 諸岡店より、なんと…

 

 

未病リハビリセンターハレル諸岡店って?どんなところ?

↓↓↓
https://morooka.hareru.net

あなたは
どのような情報が知りたいですか?

下の方から興味があるものを選んでみてください‼️

①膝痛の専門的な知識について

②自宅でできる運動について

③ダイエット・栄養について

======================================
未病リハビリセンターハレル 諸岡店 副院長 

川畑 僚汰(カワバタ リョウタ)

【痛みで後悔しない人生を送るために】

●有資格

・理学療法(国家資格)

・ロコモコーディネーター(骨粗鬆症・認知症・運動機能改善)

・ファスティングアドバイザー(食事・栄養・体質改善)

・福祉住環境コーディネーター

・スポーツメディカルサポーター

・日本未病リハビリテーション協会 認定

 

未病リハビリセンターハレル 諸岡店
副院長 川畑のFacebookはこちら♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました